年金をもらっている人のケース

この記事をシェアする

年金の金額を細かく計算しよう

まず年齢に注目してください。
65歳以下で、年金を受け取っている人もいます。
その場合所得税が発生しないのは、年金が108万円以下の人と決まっています。
年齢が65歳を超えている人は、158万円以下の場合に所得税を支払わなくて良い決まりになっています。
これまでは所得税を支払っていた人でも、年齢が上になれば支払う必要が無くなるかもしれません。

年金による所得税の決まりを、確認しましょう。
まだ年金をもらっていない人時は、自分には関係無いと思っているかもしれませんね。
ですが、誰でも年齢を重ねれば年金を受け取ることになるでしょう
その時に慌てないよう、年金をもらう年齢が近づいたら所得税を支払う金額と、支払わなくて良い金額を調べておきましょう。

年金は雑所得に含まれる

年齢が65歳以下で、年金が130万円から499万円の場合は、割合が70パーセントになります、
そこに控除額の37万5000円を掛けると雑所得を計算できます。
こちらも、もらっている金額が高くなれば割合が大きくなるので、雑所得の金額も高くなります。
少し複雑な計算になるので、ゆっくり計算してください。
また65歳以上になると、また割合や控除額が変化します。

慣れれば簡単に計算できるので、練習してください。
税金を納めなければいけない期間になると、焦って計算してしまいます。
前もって計算の方法を調べたり、計算をし始めたりしてください。
年金をもらっている人は、計算方法が働いて所得を得ている人と少し異なっていると覚えておきましょう。