給与所得に応じて税率が変わる

この記事をシェアする

給与所得が少ない人の場合

給与所得が、195万円以下だった場合は、5パ―セントの税率を掛けてください。
すると所得税が算出されます。
ここからどんどん税率が上がっていき、195万円以上で330万円以下の給与所得だった際は10パーセントの税率が掛かります。
330万円以上で695万円以下だったら、20パーセントなど小刻みに税率が増えていきます。

税率はこのように、給与所得に応じて変わりますが一定に決まっています。
暗記していれば、所得税の計算をしたい時にすぐ答えが分かるでしょう。
自分がどのくらい稼ぐのか、大体予想できると思います。
年収が少ないのに、高額な給与所得の税率を覚えていても使いません。
使い道のある税率を暗記するのがおすすめです。
少しだけなら、覚えられるでしょう。

たくさん稼いでいる人の税率

たくさん稼いでいると、税率も高くなってしまいます。
金額だけ見ると負担に感じるかもしれませんが、給与所得が多いので所得税が高額になっても、経済的なダメージは無いでしょう。
給与所得が695万円以上で900万円以下だったら、23パーセントの税率を掛けてください。
もっと給与所得が多くなって、4000万円を越えたら誰でも45パーセントの税率が発生します、

4000万円以上の給与所得の人は、誰でも同じく45パーセントの税率を掛けましょう。
45パーセントが上限になっています。
一般人であまり給与所得が4000万円以上になる人はいませんが、一応頭の隅に入れておくと良いでしょう。
正しい税率を覚えて、所得税をスムーズに算出してください。