覚えておくとずっと使える知識

この記事をシェアする

公式は誰でも簡単に覚えられる

所得税は、給与所得に税率をかけることで算出できます。
給与所得を出すためには、収入金額から控除金額を引いてください。
収入金額とは。毎月自分が得ているお金です。
時々、収入金額に税率をかけて所得税の計算をしている人がいます。
ですが控除される部分があるかもしれないことを覚えておきましょう。

せっかく税金を減らせるチャンスなのに、控除金額を差し引かなかったらもったいないです。
どのような時に、税金が控除されるのか調べてください。
調べると、控除されるパターンはたくさんあることに気が付きます。
ですから誰でも、税金を減らせるでしょう。
自分で計算を済ませるのは良いですが、間違えると多く税金を支払う可能性があります。

控除される条件を調べよう

果たして、どのような時に税金が控除されるのでしょうか。
節税するために多くの人が使っている方法は、医療控除です。
医療費を控除する作戦になります。
家族の医療費が30万円を越えた場合は、控除できる仕組みになっています。
診察費だけでなく、病院へ行くまでの交通費や薬代にも適応できます。
また、生命保険控除を利用する人も見られます。

決められた生命保険に加入していれば、税金が控除されます。
どの生命保険に加入すれば良いのか、調べておきましょう。
まだ生命保険に入っていない人も多いですが、税金を減らすためにこれから加入する人も多いです。
万が一のケガや病気になった時に役立つので、生命保険に加入して損をすることは無いと思います。